お役立ちネット・ブログ

簡単やせる 美容、健康、悩み解消方法、リラックス快適生活に心の癒し 実現 夢 日記サイト
        
>
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やせにくい体からやせやすい体へ痩せたい部分が痩せる癒しから直しスリミング
キレイにやせたい女性の感動の簡単スリムダイエットで即効美しいボディラインへ

ビタミン ミネラル 健康食品 サプリメント
マクロニュートリエンツの働きを助ける大切な栄養素

ミクロニュートリエンツとは、ビタミン、ミネラルのことです。
ビタミン、ミネラルはマクロニュートリエンツが細胞をつくったり、
エネルギーとなる際の代謝、つまり化学反応に関わっています。
食べ物の分解や消化吸収、不要物質の排泄、傷などの治癒や神経の
情報伝達などはすべて、生体内の化学反応が積み重なって成立する
もの。これらの化学反応の触媒のような働きをするのは酵素で、
ビタミンとミネラルは酵素の働きを助ける役割を担っています。
ビタミンとミネラルが不足すると、三大栄養素が十分に働くことが
できません。

健康食品 サプリメント 摂取

ビタミン
20世紀の初頭、牛乳の中に微量栄養素の存在が発見され、脂溶性、
水溶性の2つの性質があることから、それらの区別するためにアル
ファベットで命名されるようになりました。
13種類のビタミンのうち、脂溶性はA、D、E、Kの4種類 水溶性は
B1、B2、B6、B12、C、ナイアシン、ビオチン、葉酸、パントテン酸の
9種類です。水溶性ビタミンは多少過剰に摂取しても体外に排泄され
ますが、脂溶性ビタミンは摂りすぎると体内に蓄積され、過剰症を
起こすことがあります。それぞれのビタミンの特徴を知って、食物の
組み合わせに役立てましょう。

ビタミンA   目と粘膜のビタミン
疲れ目や視力の低下を防ぐ。皮膚や髪、爪など丈夫に保つ。風邪など
の感染症に対する抵抗力がつく。レバーやウナギなど動物性食品に
含まれるレチノールと小松菜やにんじんなど緑黄色野菜に含まれ、
体内でビタミンAに変わるべーたカロチンがあります。
レチノールは摂取しすぎると、頭痛や吐き気などの過剰症を起こす
ことがあります。

ビタミンD   強い骨や歯をつくるカルシウムの調整役
骨の形成に不可欠の脂溶性ビタミンです。カルシフェロールとも呼び
ます。体内に入ったDは肝臓と腎臓で活性型ビタミンになり、腸での
カルシウムやリンの吸収を高めます。又、カルシウムの輸送を助けます。
ビタミンDは体内で合成されますが、紫外線がそれを助ける働きをして
います。

ビタミンE   活性酸素から体を守る“若がえりのビタミン”
小麦胚芽などに多く含まれる脂溶性のビタミンです。トコフェノール
とも呼ばれます。抗酸化作用があり、細胞の老化を抑えます。生活習
慣病の予防や老化を遅らせる効果があるビタミンです。
血行をよくし、成人病の予防,肩こりや冷え性、ホルモンのアンバランス
から起こる更年期障害などの症状を改善します。ビタミンEは抗酸化作用
で過酸化脂質の生成を抑えます。

ビタミンK   血液凝固と骨の健康に威力
血液凝固を助けたり、骨の健康を守る働きをするビタミンです。
フィトメジオンとも呼ばれます。緑黄色野菜に含まれるK1と微生物に
よって合成されるk2があります。K2は納豆などにも多く含まれ、人の
体内でも腸内細菌からつくり出されますが、抗生物質を服用していると、
Kをつくりだす機能が低下します。ふだんは血液凝固を押さえ、出血する
と血凝固因子の合成に働くなど血液の作用を表裏でバランスを取って
います。

ビタミンB1   脳を活性し疲労を防ぐ
脳や神経の働きを調整し、正常に保つのです。チアミンとも言います。
不足すると精神的な不安定を引き起こし、脚気や全身倦怠感、肩こり
などの症状が現れます。ビタミンB1も欠乏が原因で、眼球異常をとも
なう精神疾患ウェルニッケ脳症が発症します。米の胚芽に多いので
胚芽精米がおすすめです。精白米中心では摂れません。

ビタミンB2   発育を促進する成長ビタミン
皮膚や髪を美しく保つことから、美容のビタミンとも呼ばれています。
リボフラミンとも言います。脂質など多くの栄養素のエネルギー代謝に
関わり、全身の成長に促進します。不足すると成長期では発育が遅くなり、
目の充血や白内障、口角炎、口内炎、舌炎など粘膜性の炎症など粘膜性の
炎症や小鼻のまわりに脂漏性皮膚炎ができたりします。妊娠中の女性や
成長期の子供、脂質の摂取量が多い人などは不足に気をつけたいものです。

ビタミンB6   たん白質をつくるビタミン
たん白質の代謝に不可欠なビタミンで、ピリドキシンとも言います。
たん白質は体内でまずアミノ酸に分解され、吸収された後、必要たん
白質に再合成されますが、その動きを中心となって促進するのが
ビタミンB6です。たん白質を多く摂る人ほご必要量が高くなります。
不足すると、口内炎皮膚炎、肌荒れ、精神不安定や不眠を引き起こ
します。妊娠中の女性のつわりや生理前の不快な症状も、ビタミンB6
の欠乏によるアミノ酸の代謝異常やホルモンバランスの乱れが原因の
一つと考えられ、特に妊娠中の人やピルの服用者、精神に不安定な人は、
積極的に補給することが必要です。

ビタミンB12   貧血を改善する“赤いビタミン”
葉酸と協力して、赤血球のヘモグロビンの合成を助けるビタミンで、
シアノコバラミンとも言います。神経細胞内のたん白質や脂質、核酸の
合成を助け、神経の働きを正常に保つビタミンB12の効能です。不足する
と、貧血特有のだるさ、めまい、しびれなどが起こり、神経過敏、記憶力
や集中力の低下も見られます。よほど偏食しないかぎり欠乏しませんが、
胃を手術した人は注意が必要です。

ビタミンC   コラーゲンの生成を助けるビタミンの代表格
細胞の接着剤として丈夫な血管や筋肉、皮膚をつくるコラーゲンの生成
に不可欠なのがビタミンCです。アスコルビン酸とも呼ばれます。体に
侵入したウィルスを激退する免疫活動の中心、白血球の強化。風邪をひき
にくく、回復の早い体をつくります。コラーゲンによる美肌作用、シミの
原因であるメラニン色素の抑制、抗ストレスなどの効能もあります。熱、光、
酸素に弱いので、損失の少ない扱い方をすることが大切です。

葉酸   赤血球や細胞の製造に一役
ビタミンB郡の仲間で、造血作用に重要なビタミンです。胎児や乳児の
成長に大きな影響を与えるため、妊娠中や授乳期の女性には得に必要な
ビタミンです。不足すると、口内炎や舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
など粘膜の障害が現れます。葉酸不足による貧血が、大人より子供に
起こりやすいのは、成長のために葉酸がより消費されるためです。

ミネラル
人間の体は、全体の96%を酸素、炭素、水素、窒素のマクロ元素が
構成し、残りの約4%を占める元素がミネラル、または無機質と呼ばれ
る成分で構成されます。その中でも特に必要なミネラルを必須ミネラル
と言い、カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシ
ウム、鉄のマクロ元素
 亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、
クロムなどの微量元素
があります。必要量と毒性が現れる量の幅が狭い
のがミネラルの特徴です。また、摂りすぎても中毒症や過剰症が起きやす
いので注意が必要です。

カルシウム   強い骨や歯を形成する
成人体内には、体重約50kgの人で焼く1kgのカルシウムが含まれ、
その99%が健康な骨や歯をつくる成分となっています。残りは血液、
筋肉、神経などの組織に含まれています。血液中のカルシウムが欠乏
すると、骨に貯蔵されていてカルシウムが放出され、血液中のカルシウム
濃度えお一定に保ちますが、不足が慢性的にに続くと、骨がもろくなって、
腰痛、肩こり、骨粗しょう症などが起こりやすくなります。筋肉の収縮や
血行にも影響し、だるさ、イライラを引きお越します。

カリウム   ナトリウムと拮抗して高血圧のを予防
細胞内に多く存在し、細胞が外液に含まれるナトリウムとともに、細胞内
外液の浸透圧を調整します。食塩などからナトリウムを多く摂取するとき
は、カリウムの摂取量も高めて細胞内のカリウムを失わないようにする
ことが必要です。カリウム不足やナトリウムの過剰摂取が起こると、筋肉
の動きが鈍化、脱力感が生まれます。特に夏バテの原因になると言われて
います。幅広い食品に含まれるわりには、調理などで失われる率が多く、
また、食塩の摂取が多いとナトリウムとともに排出されてしまうので、
摂取量を増やす必要があります。

マグネシウム   循環器の健康を守る
体内で約300もの酵素の活動を助け、体のエネルギー代謝のために働い
ています。60%は骨や歯に、残りは筋肉や脳、神経などに含まれています。
欠乏すると細胞内のカルシウム濃度が高まり、筋肉の収縮がスムーズ
にいかなくなるために、けいれんや筋肉痛、さらに精神的な不安定を引き
起こします。

   全身に酸素を供給
成人の体内には約4gの鉄があり、その70%が機能鉄と呼ばれ、血液中
のヘモグロビンに含まれ、全身に酸素を運搬します。残りの40%は肝臓
などに蓄えられる貯蔵鉄で、機能鉄の不足を補えます。血液中の鉄が不足
すると、酸素の運搬に支障をきたし、貯蔵鉄が不足分を放出します。それ
も不足すると、鉄欠乏性貧血が起こり、動悸、息切れ、疲労感などが起こり
ます。特に、女性は月経による出血で失うため、男性より摂取量を多く摂る
必要があります。逆に鉄の吸収率を妨げるのは過剰の食物繊維です。

亜鉛   発育促進、味覚の正常化に貢献
体内の化学反応を行う約300の酵素と結合し、細胞分裂の促進、
遺伝子情報の伝達、たん白質の合成など生命活動に深く関わっています。
不足すると細胞分裂が滞り、皮膚炎、脱毛、子供の発育不全、胃腸障害、
味覚障害、性能力の低下など、さまざまな症状があらわれ、免疫力の反応
が弱まり、風邪などの病気にかかりやすくなります。成人の1人当りの
亜鉛の所要量は10〜11mgですが、日本人は男女ともそれを大幅に
下回っています。摂りすぎると過剰症にもなりやすいので注意が必要です。

クロム   インスリンを活性化、血糖値を下げる
肝臓や腎臓に含まれ、糖質のエネルギー代謝に関わるミネラル。膵臓
から分泌されるインスリンに働きかけて、ブドウ糖や筋肉y肝臓に取り
込む作用します。クロムが不足すると、脂質の代謝にも作用し、血液中
の中性脂肪やコレステロール値を正常に調整します。

ビタミン ミネラル サプリメント

サプリメント | - | trackbacks(0)

健康食品 サプリメント 抗酸化 作用 /ファイトケミカルス
植物内では香り色などの成分として力を発揮しています。しかし、
一度これが体内に入ると、抗酸化作用をはじめとするさまざまな
有効作用をもたらしてくれるのです。それらのなかには、生活習
慣病など、現代人が抱える悩みを解決してくれるのです。それら
のなかには、生活習慣病など、現代人が抱える悩みを解決して
くれるものも少なくありません。いつまでも、若々しく過ごす
ために、ぜひとも、ファイトケミカルを上手に取り入れたい
ものです。

カロチノイド
ベータカロチンやリコピンなどが代表的な抗酸化物質で老化防止
の働きをします。一部はビタミンAとして働くが、全体的には
抗酸化作用があります。
にんじん、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、トマトなどの
緑黄色野菜や柑橘系ッフルーツなどに多く含まれます。

カテキン
植物に含まれる苦み成分で、ポリフェノールの一種です。緑茶には、
抗酸化作用のあるビタミンCも含まれています。強い抗菌作用で
食中毒菌を撃退、O−157の解毒作用があうことでも知られて
います。せん茶、玉露、抹茶、番茶などに多く含まれています。

イソフラボン
女性ホルモンの一つ、エストロゲンと類似する作用があることから、
更年期の自律神経失調症や骨粗しょう症の防止に効果があると言わ
れています。高い抗酸化作用やコレステロール値を下げることで
しられています。
大豆やみそ、しょうゆなどの大豆加工食品に多く含まれています。

モノテルペン
抗酸化作用を持ち、体内でコレステロールの生成を抑制します。
キャベツ、パセリ、にんじん、バジル、ブロッコリー、ミント、
トマト、胡椒、なすに多く含まれます。

ポリフェノール
植物性食品に広く含まれる赤や紫、白色の成分で、渋みの成分でも
あります。お茶の成分であるカテキンやタンニンもこの仲間です。
フランス人は肉や乳製品を多く摂るものの、心臓病脳卒中による
死亡率が低い。その理由は赤ワイン、という研究結果から赤ワイン
が注目されましたが、野菜、果物、カカオ豆、緑茶にも多く
含まれます。

サポニン
過酸化脂質の増加を防ぎ、高脂血症の予防、高血圧、動脈硬化の
改善に効果があります。大豆や高野豆腐などの大豆加工食品、
小豆など豆類に含まれている
成分です。

テルペン
血管内のコレステロールを除去したり、固まった血液を溶かすため
の効果があるのではないかと考えられています。さくらんぼやレモン
などの柑橘系フルーツにも含まれ、有害物質を破壊する酵素の生成
を促します。

ルテイン
ゼアキサンチンとともに眼の網膜の構成要素の一つです。
とうもろこしや卵黄、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリーなどに
含まれるカロチノイドの一種で、ベータカロチン同様に抗酸化作用
があります。

ゼアキサンチン
広く天然界に分布しているカロチノイドで、黄色とううもろこしの
色素として発見されました。ゼアキサンチンは、ルテインが人間の
体内で変換することによっても生きじます。黄色とうもろこし以外
にも、オクラやオランダカラシン(クレソン)、チコリの葉などに
含まれています。

ダイエタリーファイバー
食物に含まれる消化されない高分子の成分です。
果物などに多く含まれるペクチンや海藻に含まれるアルギン酸などが
水溶性です。
かぼちゃやりんご、いちご、じゃが芋に多く含まれる
ペクチンは、胆汁と結びついて脂肪の吸収を遅らせ、
コレステロール値を下げる効果があります。

セルロースやヘミセルロース、リグニングやペクチンの一部は不溶性です。
セルロースはキャベツやブロッコリー、ピーマン、りんごなどに
多く含まれており、大腸の機能を円滑にします。
便秘の解消などに効果的です。リグニンは主になすやえんどう豆、
梨などに含まれており、食物が消化菅を通過する速度を速めます。食物繊維
をさらに消化しにくくしたり、コレステロール値を下げる効果もあります。

抗酸化 作用 健康食品
サプリメント | - | trackbacks(0)

健康食品 ダイエット サプリメント
ビタミン ミネラル サプリメント で「こころ」元気

ビタミンCやB郡、マグネシウム、カルシウム
など、基本的なビタミンやミネラルが不足すると、
精神面の不調が生じてきます。

ビタミンB郡が不足すると、いらいらや無力感、
不眠や記憶力の低下などの症状が出ます。

鉄、マグネシウム、亜鉛などのミネラル不足すると
うつ状態に陥りやすくなりがちです。

心の不調を改善するにはストレスをできるだけ避けること
です。“心の柔軟さ”を立て直すことが重要です。


サプリメントを補給することで、栄養 バランスを整える
ことはできるのではないかと思います。

ダイエットサプリメント
サプリメント | - | trackbacks(25)
 1 
SELECTED ENTRIES
簡単相互リンク
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
朝晩ダイエット たった10秒! のってやせる!
朝晩ダイエット たった10秒! のってやせる! (JUGEMレビュー »)
坂根 直樹・監修,朝晩ダイエット研究会・編
LINKS
PROFILE
OTHERS


SPONSORED LINKS